設計事務所に依頼

かわいい家

よりこだわった住宅を建築する際に利用する建築会社が設計事務所です。設計事務所によって家が建つまでの仕組みは異なりますが多くの場合設計事務所では設計のみを行い住宅の施工に関しては別の施工会社が行います。こういった場合設計事務所は施主の代理人となって施工会社の工事が設計書通りかを監理します。一般的にハウスメーカーや工務店などでも現場を管理する人もいますがこうした人は同じ会社の会社員であり場合によっては会社側の立場に立った管理になることもあるのです。そうすると中には不具合を見て見ないふりをしたり未熟な場合は現場管理がきちんとできない場合もあるのです。施工会社でも現場管理は行われますがこうした人とは別に独立してより施主側の立場に立って現場を管理してくれるのが設計事務所なのです。

設計事務所では多くの場合施工会社が独立していて現場の施工時の監理も行っていることが多いのです。しかし設計事務所の建築士は設計のプロであって施工管理のプロではない場合もあるのです。もちろん経験豊富な人やこうした施工管理能力のある建築士も多いのですが中には施工管理に関する知識のない建築士もたくさんいるのです。こうした場合建築士はこうしてほしい、ああしてほしいという意見を言うことはできますがそうした場合現場が後戻りしてしまうこともあるのです。もちろん住むうえで明らかな欠陥はもちろんより良い住宅になるために指示をすることは必要ですが、現場のノウハウを知らずに意見すると完成した部分を取り壊す必要がある場合もあるのです。この際に場合によっては住宅が傷んでしまう危険もあるのです。